銀錬ブログ

ゲームやPCについての日記を書いてます

バレットガールズ 攻略メモ

トロコンできたので攻略に役立ったメモです


続きを読む
  1. 2015/03/18(水) 14:37:27|
  2. ゲームその他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まどぺん 攻略メモ

正式名称は 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ The Battle Pentagram
長いのでまどペン
以下、必要に思った攻略のメモ

トロコンのURLをはっとく
攻略wikiよりもこっちの方が詳しかった
trophies.psvitawiki

輪廻の回収忘れは こっち を参照

あと、どんなゲームかの説明が面白かったので これ 参照


以下、詳細。
続きを読む
  1. 2014/11/13(木) 12:33:43|
  2. ゲームその他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フリーダムウォーズ 攻略メモ

ストーリークリアしたは良いが
コード8や、7・6の任意は武器をある程度強化してないと
周回どころか、クリアすらままならない。
つまり、強武器を作る為のとりえあず強い武器が必要。
と言う訳で、以下にとりあえず強い武器を作る為の流れ、及び素材をメモ書き

1.強化の流れ
2.強化に必要な素材


続きを読む
  1. 2014/07/13(日) 22:40:09|
  2. ゲームその他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

テラリア 攻略メモ

1週間前にテラリアというゲームを買った。
夢中で穴掘って、家(要塞)建ててて
気づいたら朝3時になっていた・・・
このままではいかんなと思いつつ、毎日そんな生活になっている。

ドラゴンズクラウンやディアブロとは違った面白さがあるなー。


以下、攻略のメモ

続きを読む
  1. 2014/05/02(金) 19:49:24|
  2. ゲームその他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リベリオンズ Secret Game 2nd Stageレビュー

リベリオンズ Secret Game 2nd Stageを先ほどクリアしたので
興奮のままにレビュー

リベリオンズ Secret Game 2nd Stageというのは名前の通り
前回日記で書いたシークレットゲームの続編です。
ただ、時系列的にはシークレットゲームの過去になります。

前作のシークレットゲームレビュー


で、いきなり感想ですが
予想以上に面白かった!
でも欲を言えば、手ぬるい!
でも面白い・面白くないでいえば、間違いなく面白い!

まず、面白いと思った部分
素手でメイドに挑んだボクサーさんに痺れた
武器に頼らない!素晴らしい!
剣豪は萌えっこ製造機
あと、荻原さんのゼロ距離ガンナーよろしく
一番非力な様で、芯はしっかりしてる姿は輝いてました
やっぱり、こういう血みどろな中で
一切手を汚していない人というのはなくてはならない存在です
いや、手を汚させてはならない!
それから、PSP版だったお蔭で不自然なエロがなかった!
やっぱり後日談ならまだしも、いきなりアレはないってばよ!


次に、手ぬるいと思った部分
まずそもそもルールが手ぬるい!
過激になるフェーズ2以降でも
大半が『○○を殺害すること』ではなく、『○○が死んで居ること』なので
実際は自分が手を下さなくても、
例えば潰しあってくれれば条件達成できる訳で
キャラはみんな運営卑劣な!言ってるけどまだまだ手ぬるい感じがした。
前作にあった主人公が某人そっくりさんを殺さないといけないみたいな
ジレンマというか葛藤というか
そういう緊迫感みたいなものがもう一押し欲しかったです。
あとエリア封鎖とかもなかったお蔭で
前作にあった行動範囲がどんどん狭められて
追い詰められてく緊迫感もなかったしなあ・・・
緊迫感でいえば、キャラをかなり掘り下げてるのは良かったけど
危機迫る心理描写が物足りなかったのも勿体ない感じがした
まあ、それだけ前作の麗佳さん編が神がかり過ぎてたとも言えますが。。。

それから、ゲームマスターが完全に外野になってるおかげで
(実際は外野ではないけれど)
『良い所』でどんでん返しされるような展開も少なく
少し物足りなかった・・・
そういう意味では前作の郷田さんってかなり良い仕事してんだなあー・・・

あと、プレイヤーの半分が人間超えてたり
頭脳戦に期待した天才と秀才が実際は頭でっかちなだけだったりで
前作の手塚氏の様な
あっと言わせる様な恐怖感を味わう事もなかったのが残念・・・
それだけ前作の後半になればなるほど
細菌兵器やら遠隔操作ロボットやら対戦車ライフルやら
とんでも兵器が出てくるシステムは優秀だったということか・・・


まあでも、これらが全部過去の話しだとするのなら
納得できなくもないです。
つまり、ルールが手ぬるいと感じたのも
後々になって改変されたのが前作のルールであり、
ゲームマスターが直接プレイヤーになったのも、今回のを反省に活かしたからで
全てが前回作の舞台裏であると考えれば
まあ、納得できない事はないでしょう。
むしろ、色々手ぬるいと感じたら、まさに製作者の思い通りってか?

でもやっぱりなあー
キャラはある意味前作よりかなり立ってるのに
心に残るエピソードが前作ほど浮かばないのは何でだろう?
半分超人じみてる上に、全員高校生で
自分の境遇とは結構離れているからなのかな・・・
文字通り涙流しながらやってた前作と比べ、今一心に訴えてくるものがなかった
ゼロ距離ガンナーの覚醒シーンとか
総一が寝ぼけながら死んだ彼女に今度こそって話す姿とか
麗佳さんに人間捨ててまで生きても元に帰れない事を訴えるのとか
ゴスロリの自分がクイーン所持して総一に撃たせるのとかエトセトラ


まあでも、今作が前作に続くものという形で仕上げるのが目的だったというのであれば
色々な意味で次回作への付箋をしっかり残したことになるのではないでしょうか
という訳で、もう一度シークレットゲームやってきます λ~
って気づいたらもう朝だよ・・・
  1. 2013/05/04(土) 03:44:06|
  2. ゲームその他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

About The Author

銀錬雪錬

Author:銀錬雪錬
まるで ダメな お兄さん 略してマダオ
まだまだ俺ぁ一人前には程遠いよ

ブログ内検索

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

ゲーム関係 (63)
マビノギ (24)
ゴッドイーター (8)
ドラゴンズクラウン (15)
アトリエ (1)
ゲームその他 (11)
討鬼伝2 (1)
パソコン関連 (4)
音楽 (24)
仕事関係のメモ帳 (2)
日常雑多 (5)
人生訓 (1)

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示